デイリーサブカル情報局

毎日更新されるマニアックな情報やニッチな情報をまとめています!!

“がん経験者”ら21人ファッションショー 込められた”楽しく生きる”思い 札幌市(北海道ニュースUHB)

time 2017/12/25

病気でもオシャレを忘れない。”がん”などの治療による外見の変化を、着こなしなどでケアするファッションショーが12月20日、札幌市内で行なわれました。

 様々な工夫で、前向きに生きるヒントをと開催されたこのイベント、会場には笑顔があふれました。

 がんの闘病経験のある人など21人が参加した、”医療美容クリスマスフェスタ”。

 がん患者や家族などを支援するキャンネットが主催し、治療による傷痕や脱毛、体力の低下などをカバーする方法を紹介しました。

 乳がんを患い、両方の乳房を切除した女性は、和服の着こなしを披露しました。

 普通の和服は、着付けが大変ですが、こちらは上下のパーツに別れていて、洋服のように着ることができます。

 しめつけも少ないので、体力が落ちていたり、傷が痛んだりする時でも、楽しむことができるというのです。

 乳がんを経験 滝澤ひとみさん:「乳がんの治療中は和服など無理という気持ちだったが、このような和服があるなら着てみようと思う」

 ”抗がん剤治療”などの副作用で、髪が抜け落ちてしまうのも患者にとっては大きな悩みです。

 ウィッグを利用することによって、暮らしが大きく変わったという人もいます。

 卵巣がん経験 伊藤ゆうこさん:「最初はショックだったが、ウィッグをつけると決心して笑顔も増え、外出する機会も増えた」

 他にも人工肛門の装置を、可愛らしい柄のカバーで覆い、ウエストバッグのように見せる工夫などが披露されました。

 ショーを観に来た人は…。

 ショーを観に来た人:「知り合いに、闘病している人がいて、病院に行くなど外出に苦労していた。見たアイディアは役に立つと思った」

 健康であっても、病気になっても、キレイでいたい。

どこまで信じればいいかが難しいな・・・

やってもいないのに
レビューしてる人もいるだろうしね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

効果についてのレビューは、悪評はないみたい。

ほとんどが【怪しい】と考えてることが
前提の推測ばかり。

ただネットの商品って
詐欺が多いって聞くし
購入して、始めてみたいけど・・・

本当に悩むなー。

sponsored link

down

コメントする






ブログ統計情報

  • 74,402 アクセス


sponsored link

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。