デイリーサブカル情報局

毎日更新されるマニアックな情報やニッチな情報をまとめています!!

【舛添要一の僭越ですが】 南北会談、金正恩の思うツボ(ニュースソクラ)

time 2018/02/18

韓国と北朝鮮は、9日板門店で閣僚級会談を開き、1ヶ月後に開幕される平昌五輪に北朝鮮が参加することを正式に表明した。非核化の問題については、進展はなかった。

 文在寅は、金大中、盧武鉉政権の流れをくむ左翼ポピュリストである。政策的には、(1)対北朝鮮宥和、(2)対日強硬が特色である。そして、両方とも民族主義を基盤とする。歴史上で有名な左翼ポピュリストはヒトラーである。National Socialism とは、民族主義と社会主義を混ぜ合わせたものであり、党名そのものが「ドイツ民族第一主義」・「左翼」というナチスの特色を表している。

 今回の南北閣僚級会談が(1)の政策だとすれば、日韓の慰安婦合意に対する異議申し立ては(2)の政策である。民族統一を掲げて融和路線を進めると、アメリカよりは北朝鮮に親和性を強める韓国人が増えてくる。また、有事の際に在韓邦人救出に自衛隊が出動することを拒否する傾向が強まる。

 民族主義を前面に出せば、(1)については、今回の閣僚級会談の共同報道文のように、韓国と北朝鮮の「同じ民族同士で対話と交渉を通じて問題解決を図る」という姿勢になる。これは、アメリカや日本、そして中国やロシアまでも排除することを意味し、日米と韓国を分断しようとする金正恩の思うつぼである。

 そもそも、朝鮮戦争は北朝鮮・中国軍と国連軍との戦いであり、二国間だけの問題ではない。在韓米軍司令官は国連軍司令官を兼ねている。休戦協定は結ばれたが、平和協定は結ばれておらず、極論すればまだ戦争状態にある。板門店ではスイスとスウェーデンによる中立国停戦監視委員会も機能している。韓国と北朝鮮のみで解決できる問題ではないのである。

 そもそも、北朝鮮は交渉の相手としてはアメリカしか念頭になく、世界は自国とアメリカとを中心として回っていると認識している。日本や韓国は、そのアメリカの従属国にすぎず、利用できるかぎりで付き合うという姿勢である。

 したがって、北朝鮮は、ICBM・核兵器はアメリカへの対応策であり、同胞に向けたものではないと強調する。これもまた、民族主義を利用して韓国から融和策を引き出す狙いである。経済制裁による疲弊から脱出するために、韓国からの経済支援の取り付けを目論んでいる。しかし、自らの非核化には応じる姿勢は示していない。

 北朝鮮が平昌五輪に参加することは、韓国やIOCにとっては理想的であろうが、軍事衝突している国が休戦するのとは違い、北朝鮮は何らの代償も払うことなく、ICBM・核兵器の開発を続けている。スポーツ美談として手放しで喜べる状態にはないことを忘れてはならない。

 慰安婦問題を巡る日韓合意については、流石に両国政府間での正式合意までを破棄する愚は犯さなかったが、韓国外務省は文在寅の大衆迎合主義と外交のプロフェッショナルリズムとの板挟み状態になったようである。

 そこで、苦肉の策として、「和解・癒やし財団」の資金10億円を韓国側が拠出するという案を出してきたのである。「日韓合意が当事者の意思を適切に反映していない」と論評し、日本政府に元慰安婦の名誉と尊厳の回復への努力を求めたのは、世論向けのパフォーマンスである。

 日本政府は、このような追加要求は受け入れないが、これで日本人の嫌韓感情はまた強まっていくと予想される。日本人観光客の減少など経済的に大きなマイナスとなる。韓国大統領の左翼ポピュリズムのツケは大きい。

いま、話題になっている・・・
一人で出来る!『自己破産』成功マニュアルをご存知ですか?

その効果についてもですが、
内田 賢一さんの評判も色々と書かれてますね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

気になる内容が『あの掲示板』でかなり流出してるみたいです。

ネタバレと口コミを読んでみると・・・
ある程度、購入前に中身がわかるっていいかも。(^^)v

文句とか批判ばかり言ってても仕方ないですよね。

ちょっと頑張ってチャレンジしてみようかしら?!

sponsored link

down

コメントする






ブログ統計情報

  • 83,058 アクセス


sponsored link

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。