デイリーサブカル情報局

毎日更新されるマニアックな情報やニッチな情報をまとめています!!

ボーイング、737 MAX 10の仕様決定 胴体最長、20年納入開始(Aviation Wire)

time 2018/02/10

ボーイングは現地時間2月7日、737型機では胴体長が最長となる「737 MAX 10」について「ファーム・コンフィギュレーション」と呼ばれる仕様策定が完了したと、シンガポール エアショーで発表した。今後は詳細設計に入り、2020年の引き渡し開始を目指す。

【高い旋回性アピールする737 MAX 8】

 737 MAXは737の発展型で、CFMインターナショナルの新型エンジン「LEAP-1B」を採用。翼端には新型ウイングレット「アドバンスト・テクノロジー・ウイングレット」を備え、客室内装はLED照明や大型の手荷物収納棚など、787と同等のものを取り入れた「ボーイング・スカイ・インテリア」を採用する。

 標準型は2016年1月に初飛行した737 MAX 8(1クラス189席)で、同機をLCC向けに座席数を増やした737 MAX 200(同210席)、もっとも胴体が短い機体で737-700の後継となる737 MAX 7(同172席)、胴体がもっとも長い737-900ERの後継機737 MAX 9(同220席)があり、737 MAX 10(同230席)は5機種目となった。

 737 MAX 10は、2017年6月に開かれたパリ航空ショーでローンチ。世界各国の18顧客から416機以上の受注やコミットメントを獲得している。737 MAX 9の胴体を66インチ(約1.7メートル)延長して、定員増加によりドアを追加し、翼や圧力隔壁なども改良する。

 ボーイングはエアバスA321neoと比較し、737 MAX 10は運航コストを座席または輸送距離あたりで5%削減するとしており、これまででもっとも収益性の高い単通路機と呼んでいる。

本当にあんなに効果が出るんなら嬉しいんだけど、
(ちょっと現実離れした)
インチキ商品のような疑惑を感じるのも普通だよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の暴露レビューとかを参考にして
購入するかどうか決めようと思って

ネットで色々調べたら
そんなに悪い評判や口コミが無いんですよ。

サポートもしっかりしてる★と評判が良さそう

どうしよう・・・これはGO!かな?

sponsored link

down

コメントする






ブログ統計情報

  • 73,739 アクセス


sponsored link

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。