今日のニュース・出来事まとめ最新版

今日の最新出来事・情報を即キャッチ!!

大分市の「音遊び」が閉店ライブ 心揺さぶる舞台は新拠点の湯布院へ /大分(みんなの経済新聞ネットワーク)

time 2018/06/15

大分市のライブハウス「Sound cabin 音遊び」(大分市上宗方、TEL 090-6637-8237)が閉店するのに合わせ、6月30日に「音遊びありがとさんライブ」を開く。(大分経済新聞)

閉店ライブを開く世ノ上さん

 フォークソングをこよなく愛する世ノ上(よのうえ)昇さん(67)が2004年に趣味で開いたライブハウス。これまでにボブ・ディランの歌詞や詩集を日本語訳した中川五郎さん、昨年4月に69歳で亡くなったフォーク歌手の加川良さんをはじめ、全国で活躍するツアーミュージシャンらを招いて不定期のイベントを開催してきた。その建物が今後進む道路拡幅工事区内(一般国道442号宗方工区)に含まれることから閉店を決め、最後に記念のライブを行うことにした。

 12時開場予定で入場は自由。飲食の持ち込みも可能。来場者が「気持ち」を料金で払う「投げ銭型」で行う。6月14日現在、日田市のシンガー・ソングライター梶原浩之さん、福岡県の宿六兄弟、熊本県のジン&クミらが演奏予定。「これからもまだまだ増えると思うし、『魂の1曲』を歌いたい人の参加も受け付ける」

 世ノ上さんは愛媛県生まれの大分育ち。高校時代に「フォークの神様」とされる岡林信康さんの歌に感動して以来、長きにわたって「心揺さぶる歌」を追い続けてきた。「20年前に中津江村ミュージックフェスティバルに参加した歌手が大分市内の焼き鳥店でライブを開くというので、駆け付けたら私たち家族だけだった。その時に『こういった場所にも来てくれるんだ』と思った」。1998年に音楽好きの仲間とともに大分市下郡の喫茶店でライブを始め、引き継ぐ形で自身の店をオープンした。小さなライブはチャリティーコンサートへと成長し、会場も七瀬川自然公園へと青空の下に移った。今年は、5月20日に大分市の田ノ浦ビーチで開催し、ツアーミュージシャンや全国のライブ会場で活動するシンガーら19組が、フォークソングやブルース、ニューミュージックといった「昭和」を代表する音楽を披露した。「趣味でやっているので毎回ほぼ赤字。毎年、この日のためにためては使うを繰り返している」と笑顔で話す。

 店を開けるのは2月以来、約4カ月ぶり。店内の壁には色とりどりのポスターが貼られ、これまでに参加した歌手のサインがびっしりと書き込まれている。「思い出の場所だが、20年を振り返らずにここまで来ているのでこれからも前に進むことを考えたい」と自身の気持ちを封印する。

 公務員だった世ノ上さんはすでに定年を迎えていることもあり、大分市内から由布市湯布院町下湯平にある、約1000平方メートルの敷地を抱える民家に移り住んでいる。納屋や倉庫をライブハウスに改装し、第二の「音遊び」とする予定。「まずは地域と一緒になったイベントを開いてみたい」とし、「出会った歌手はごく一部だと思っている。今後も聴く人の心をわしづかみにするような野心を持った歌手を探して招きたい」と意気込む。

いろんな口コミを見てみたけど
  ・実際に体験した人の口コミは信頼できる
  ・やらずに騒いでる人の口コミは基本的に悪評を書いている
ような気がします。

違うかな?

わたしが気になっているのはコレ・・・

どれだけ簡単に効果がでるかは、
口コミからはわからないけど、

【短期間】といっても
さすがに3日間~2週間って・・・
かなり怪しい感じがするのは私だけかな

けど本当に効果が出るならやってみたい★

事実、ずーっと悩んでるわけだし
早くコンプレックス解消したいよ。

sponsored link

down

コメントする






ブログ統計情報

  • 14,621 アクセス


sponsored link

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。